北海道(マンマのネットワーク) 会則

北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)の会則を以下に記載します。

    第1条(名称)
  • この会の名称は「北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)」という。
    なお、通称としてマンマのネットワークと称する。
    第2条(目的)
  • 本会は、北海道農業の担い手である女性が、食と農に感心の高い一般生活者と交流を深めながら、食と農を通じた「ひとおこし」「うまいものおこし」「ふるさとおこし」「大地おこし」に関するアグリビジネスの企画、実践力の技術向上と農家からの食文化を様々なかたちで、つたえ、ひろげて行くとともに、女性の自立に貢献することを目的とする。
    第3条(所在地)
  • 本会は当面下記に所在地をおく

    〒007-0888
    札幌市東区伏古9条2丁目5-12

    第4条(会員)
  • 本会は、会員が主体的に運営し活動していくため、この活動に関心の高い北海道内の女性農業者を広く募集する。
    会員には正会員・賛助会員にわかれる。加入に当たっては、個人加入とします。なお、正会員は、本会の運営を主体的に担います。
    第5条(事業内容)
  • (1)交流活動
    • テーマ別のセミナー、シンポジュウム、交流ツアーなどを企画し開催。
  • (2)学習活動
    • 農村の地域に根ざした起業化活動のステップアップ。
      (商品開発、経営管理、労務管理などビジネス環境の向上について学ぶプロジェクトを企画し運営)
    • 楽しいカントリーライフの向上をめざした暮らつくり。
      (料理、各種クラフトなど暮らしに必要な技術力向上の企画と実施)
  • (3)教育活動
    • 次世代を担う子供や若者たちの健全な育成に向けた食育活動の実施。
    • 農業後継者の配偶者対策や配偶者とのふれあい活動の実施。
  • (4)調査活動
    • 役割発揮の意向などについて実態調査。
    • 女性の起業活動など優良事例の情報収集。(国内、海外)
  • (5)各関係団体とのネットワーク充実のための連携活動。
  • (6)上記に揚げる活動に付帯する事業の実施。
    第6条(入会手続き)
  • 入会申込書に必要事項を記入の上、本会事務局へFAXもしくは郵送する。
  • 年会費は指定の口座へ振り込む。

    ・正会員 年会費一口:10,000円
    ・賛助会員 年会費一口:5,000円

    年会費はいかなる場合でも返納しない。

  • また、会員以外に、本会が主催する各種研修会などの事業に、随時参加する場合は運営費相当分の参加費を撤収します。
    第7条(会員資格)
  • 本会の会員は、次の項目に該当したときは会員の資格を失う。
    • 退会を申し出たとき(退会届を提出)。
    • 本会が解散したとき。
    • 本会の目的に反する行為があったとき。
    • 会員同士のトラブルで著しく名誉を傷つける行為があったとき(除名)。
    • 年会費を2ヶ月以上(督促後)納入しないとき。
    • 上記以外の場合は運営委員会で協議し決定する。
    第8条(役員)
  • 本会に次の役員をおき、人気は2年間とする。ただし、再任は妨げない。
    • 運営委員11名
    • 監事2名
  • 運営委員のうち会長1名、副会長2名、事務局長1名
    運営委員は次の役割を担う。
  • ・事業担当(3名)
    事業の企画、開催に伴う調整及び推進
  • ・総務担当(4名)
    記録及び会計等、会の総務部門を担当する
    第9条(顧問・相談役)
  • 本会の活動にあたり、適切かつ重要な事項について意見を求めるため、顧問・相談役をおくことができる。
    顧問・相談役は、運営委員会で協議し決定する。
    第10条(個人情報の保護)
  • 本会は、会員の個人情報の保護に十分注意する。
    第11条(総会)
  • 本会の総会は、通常総会および臨時総会の2種とする。
    第12条(その他)
  • 会則に該当しない事案が生じた場合は、運営委員会で協議し決定する。
    第13条(規約の施行)
  • この規約は平成19年6月1日から施行する。

Top